ここそこ

aquinoaqui.exblog.jp
ブログトップ

Charcoal Lane, 裸足のアーティストに魅せられて 2

カナダの先住民やハワイ、NZの伝統文化

(その昔アジア大陸から渡る途中で枝分かれた人たちらしい)

と違って、オーストラリアの自然やそこで育まれたアボリジニ文化には

長い間ピンときませんでした。

           
最近読みはじめて、12年目にしてなんとなーくオーストラリア地元感が湧いてきたブログ。

           裸足のアーティストに魅せられて -クリックしてみてください。
a0145396_14182490.jpg

アボリジニーアートギャラリーLand of Dreamsの内田真弓さんという方が  

メルボルンの無料日本語新聞「伝言ネット」に毎月連載していた記事。
 
(上の写真はブログから失敬)

2001年から始まり、わたしが新聞で読み始めたのは2006年ごろから。

読むと元気になるのが楽しみで、たまに切り抜きもしました。

最近ネットで読めるのを発見。以前の記事を読み始めたところです。

           
大人になってから異文化の中で暮らし始めるにはいろいろありますが

そういう話がぜんぶ笑い話で書いてある大人の包容力がすごい。

    
アボリジニの文化は脱亜入欧のハイブリット西洋文化とも

本場西洋文化とも全く違い、したがって日常の常識が全く違う。

それもそのはずで、多くの民族が採用してきた農耕(=蓄積)文化を

土地を壊さないために採用せず、餌をとりつくす前に次の場所に移動しながら

生活してきた人たちで、私たちが普通行く海外のどの国の伝統ともかなり違う。

所有感覚がなく、政府からの1週間分の年金も近所の人にあげちゃって

自分は週末食べるものもない、とか、その逆とか。

皆のものは俺のもの、俺のものは皆のもの。

そういう社会観の民族です。
           

日本人に「働かない」といわれるオーストラリア白人が「働かない」というアボリジニ。

そこには自分の物差しで他人に求める期待と現実の落差があります。

           
わたしは自分の物差しが硬い方なので、そういう異文化の中に入って行ける人に
  
無条件ですごい羨望感を覚えてしまいます。

          
日本からは遠いアボリジニの話も笑って(たまに笑いすぎて涙が出る)読める優れもの。

前記のCharcoal Laneなど、なぜアボリジニに援助が必要なのか、

そこら辺の理由に興味のある方はアボリジニあれこれ(裸足のアーティストに魅せられて)

がおすすめ。

内田真弓さんの本「砂漠で見つけた夢」はここから。

硬い物差しついでの参考記事(ここそこから)






よろしかったら、どれでもぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ


[PR]
by aquinoaqui | 2010-11-06 14:39 | オーストラリア