ここそこ

aquinoaqui.exblog.jp
ブログトップ

読み間違え。ボランティア文化。

おもしろいはなしを見つけました
世の中には強運の持ち主っていうのがいるもんです。
あなたもこれを読んであやかりましょう。(笑)



ところで、ひさびさに本棚を見たら読んでない本があったので手にとってみた。

藤沢周平『人間の檻 獄医立花登手控え』

今回見るまで「獣医立花登」だとおもっていた。(...)


こういうのをDyslexiaといって世の親はさぞかし心配しますが、

だいじょうぶ。ちゃんとこうして生きてます。



思えば昔はおおらかだった。

教室の一番後ろの席からとつぜんひとつひとつ机をペンで叩きながら

ゆっくり前まで来たかと思うとまた机を叩きながらゆっくり自分の席に戻るという、

ある男の子はみんなからさん付けで呼ばれ、なんとなく敬意を払われ

特に教師からも止められることなく普通に教室の上下をしていたらしい。

「今でいうADHDだよねぇあれ」と、大人になってもなにかにつけ笑い話になったが

「そういう子がいると、教室が和むんですよね~」と、ある時児童カウンセラーの人が

ほのぼのとコメントしたことがある。



集中力に欠ける子が、脊柱湾曲の矯正をしたら落ち着きを戻した、

というのもその人から聞いた話。筋肉は消化器がコントロールしていますが、

Dyslexiaも、みてると肝臓が弱い系の消化器虚弱からくるのかなあ、なんて思います。

目は肝臓の気を遣うので(だから妊婦は本を読んじゃいけないっていうんですね。

肝臓は蔵血臓器で、妊婦、婦人科系疾患では重要器官です)

肝臓が弱いとDyslexiaに、強いと酷使できる故、メガネになるのかなあ、なんて。



a0145396_14322835.jpg



藤沢周平の本ですが、巻頭に浅草周辺地図がついた江戸の話。

長屋は貧しいながらも、持ちつ持たれつ。

皆でうまくやっていく智恵としての伝統にのっかっている国では

協調性は必須人格で、自分だけ違うことをするのは許されなかった。

その代わり、困った時にはお互いさま。近所の誰かが必ず助けてくれる。

ボランティアの文化が生まれなかったのも当然かなあ、と

個人が孤立した新大陸で読むとしみじみかんじます。

カソリックのしがらみから抜けてできた国教をもつイギリス系のボランティア団体が多いのも

そのせい? (うーん、ここはオーストラリアだし、あたりまえか)

自由と孤独はワンセットになっているというのは、人間に関しては真理です。






よろしかったら、どれでもぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ


[PR]
by aquinoaqui | 2010-06-29 16:37 | 文化/異文化