ここそこ

aquinoaqui.exblog.jp
ブログトップ

Charcoal Lane, 裸足のアーティストに魅せられて 2

カナダの先住民やハワイ、NZの伝統文化

(その昔アジア大陸から渡る途中で枝分かれた人たちらしい)

と違って、オーストラリアの自然やそこで育まれたアボリジニ文化には

長い間ピンときませんでした。

           
最近読みはじめて、12年目にしてなんとなーくオーストラリア地元感が湧いてきたブログ。

           裸足のアーティストに魅せられて -クリックしてみてください。
a0145396_14182490.jpg

アボリジニーアートギャラリーLand of Dreamsの内田真弓さんという方が  

メルボルンの無料日本語新聞「伝言ネット」に毎月連載していた記事。
 
(上の写真はブログから失敬)

2001年から始まり、わたしが新聞で読み始めたのは2006年ごろから。

読むと元気になるのが楽しみで、たまに切り抜きもしました。

最近ネットで読めるのを発見。以前の記事を読み始めたところです。

           
大人になってから異文化の中で暮らし始めるにはいろいろありますが

そういう話がぜんぶ笑い話で書いてある大人の包容力がすごい。

    
アボリジニの文化は脱亜入欧のハイブリット西洋文化とも

本場西洋文化とも全く違い、したがって日常の常識が全く違う。

それもそのはずで、多くの民族が採用してきた農耕(=蓄積)文化を

土地を壊さないために採用せず、餌をとりつくす前に次の場所に移動しながら

生活してきた人たちで、私たちが普通行く海外のどの国の伝統ともかなり違う。

所有感覚がなく、政府からの1週間分の年金も近所の人にあげちゃって

自分は週末食べるものもない、とか、その逆とか。

皆のものは俺のもの、俺のものは皆のもの。

そういう社会観の民族です。
           

日本人に「働かない」といわれるオーストラリア白人が「働かない」というアボリジニ。

そこには自分の物差しで他人に求める期待と現実の落差があります。

           
わたしは自分の物差しが硬い方なので、そういう異文化の中に入って行ける人に
  
無条件ですごい羨望感を覚えてしまいます。

          
日本からは遠いアボリジニの話も笑って(たまに笑いすぎて涙が出る)読める優れもの。

前記のCharcoal Laneなど、なぜアボリジニに援助が必要なのか、

そこら辺の理由に興味のある方はアボリジニあれこれ(裸足のアーティストに魅せられて)

がおすすめ。

内田真弓さんの本「砂漠で見つけた夢」はここから。

硬い物差しついでの参考記事(ここそこから)






よろしかったら、どれでもぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ


[PR]
# by aquinoaqui | 2010-11-06 14:39 | オーストラリア

Charcoal Lane、裸足のアーティストに魅せられて 1

めずらしくオーストラリア料理のレストランに行きました。
          
外食する時は中華とか、タイとかベトナムそばとか、

うちでは上手にできない料理を食べに行きます。
          
オーストラリア料理は基本的にイギリス料理なので、その気になれば肉を焼いたり、  
           
野菜がくたくたになるまで煮込んだりするのは家でできる。

          
わざわざこの店を選んだ理由は簡単で、普通のレストランと違って
          
アボリジニや恵まれない環境で育った青年のため、

手に職をつける場所として運営されるお店だからです。
          
運転資金を提供しているのはビクトリア州政府をはじめとした

大・中・小の各企業。  
          
せっかくの機会なのにカメラを忘れ、写真がない!
         
でもきれいなお店なので、お手数ですがぜひここをぽちっとしてご覧ください。

          
H.P.上にあるRestarurantの「Menu」からPDFのメニューが見られます。
          
Menuの下にあるGallaryから料理の写真もみられて、
          
その下にはなんとRecipesまである!!のでその気になれば家でも挑戦できます。
 

品数は少ないですが、食材は全部オーストラリア産とのこと。

カンガルーはもちろん

(げげ、と思うでしょ。いちおう牧場があるとは聞いたことがありますが、

交通事故などで死んだものをリサイクル、と聞いたこともあります。

どっちもかわいそうなのは牛や鳥や豚とおんなじなんですが、          

とりあえず元気で動き回って生涯を終え、薬漬けにされていないので

食す方の体にはいいです。   

こっちで出回っている牛と違ってやわらかく、

オーストラリアで大量に消費されている子羊と比べても

脂がない分クセがない)

前菜にはワラビーもあった。

ハーブもマートル(銀梅花/ヒメツルニチソウ)やワトル(アカシア属)と原産のものが

使われていて、レモンマートルなのか、炒めたたまねぎと一緒にオイル漬かったオリーブが

不思議なかおりでおいしかった。



ワインも地元産。暖かくなってきたので(こっちは春なんです)白にしました。

Rieslingとアデレード産のSauvignon Blancが好きですが、

Pinot Gris(ピノ灰色?)というワインは知らなかったので飲んでみました。

飲めない私にもちょっとすっきりしすぎかなあという味ですが、

食事のどの段階で飲んでも口の中がさっぱりするところが優れている。           



雰囲気もちょっとこじゃれた感じ。

Charcoal Laneとは「炭小道」という意味。

(Diane Laneのレイン。高校生に頃は「雨」のことだと思ってた)

かつて炭団(たどん)と呼ばれる、炭の粉を固めて燃料にしたものを作る工場が

この辺りにあって、アボリジニの人たちが仕事を終えたあと集まったそうです。  

有名なアボリジニ歌手Archie Roachの唄からとったものだそう。






よろしかったら、どれでもぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ


[PR]
# by aquinoaqui | 2010-11-06 13:03 | オーストラリア

克服ついでに -やせたがる体のつくり方-

             3年間言い続けて、変えられなかった患者の食生活を劇的に変えた本。

      
a0145396_10422997.jpg


             近所の図書館で見た時

             「がーん、こんな薄っぺらな本のどこに説得力が...」と

             膝の力が抜けていくのを感じましたが、

             中身を見てなんとなーく納得。

      
            とにかくスペースが多く読み進みやすい。同じことが繰り返し書いてある。

            8ページくらいまで行って、まだ同じ事の繰り返しが書いてあるのに、
                  
            量が少ない。 (160ページくらいしかないんじゃないか)



          もともと他の鍼灸師の患者で、同じクリニック内でマッサージをしていた
           
          私のところにも来るようになったんですが、

          (いろんな施術を並行して行う。一時的に患者の経済負担は増えるが、

          長い目で見るとこの方が早い)

          2人して毎回おんなじことを彼女に繰り返しアドバイスいたらしい。

          結局3年間言葉は彼女の脳には届くことはなかった...

            

         ある日肌循環の感じがよかったので「何でこんなに(調子)いいの?」と訊いたら

          「いやー、聞いてよ。実はとうとうダイエット(食事)かえたのよー。

          3年も前に買って本棚に置きっぱなしにしてた本なんだけど、

          これがすんごいのよー!」

          どんなすごい本で、どんなすごい著者か、どんな素晴らしい教義か

          その場で講義賜った。



          一瞬今までの苦労が崖のように崩れる音がしたけど、

          なんのことはない私たちの説明の仕方では彼女には通じなかったのだ。

            
          おんなじことを何度言われ続けてもピンと来ないのに、

          別の人から言われた途端急に頭に入ってくることがあります。

          不思議ですねえ。

            
          とくに私たち自然医療士は生活が自然医療中心に回っていて、

          ある程度までの知識が常識なってしまっていますが、

          その常識が他の人にとって必ずしも常識ではないわけで。

            
          たまにパソコン屋や車の整備屋に行くとたいていおんなじことを注意されたりして。

          「ああ、なんか患者も多分こんな感じなんだ」

          とサービスを受ける側の体験ができます。

             
          なので、とりあえず助られる人だけ助けましょう。

          でも、仕事なのでとりあえずどの人にも言い続けます。一年でも三年でも。

          ある日とつぜん、

          本棚で埃をかぶって色あせた本が目に入ってくる

          なんてこともあるかもしれないから。            






よろしかったら、どれでもぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ



      
[PR]
# by aquinoaqui | 2010-11-01 12:02 | 自然医療

Gawler の本  「私の癌は私が治す」 癌の予防と対策

               どうやって自己の癌を克服したかの自伝。
a0145396_1482630.jpg

                     

               日本語版の表紙はちょっと演歌っぽいですが、

               読みやすいし、確か食事の具体例やレシピが載っていた気がします。

               翻訳は当時モナッシュ大学にいらした小川京子さん。

                      紀伊国屋書店リンク先






よろしかったら、どれでもぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ


[PR]
# by aquinoaqui | 2010-10-31 14:18 | 自然医療

Gawler Foundationで出たごはんのレシピ

     おいしかったです。食感はおからみたいで、味もしっかり付いていましたが、
     
     塩もレモンも使わないそうです。


         材料: 木綿豆腐 アーモンド 万能ねぎ

         木綿豆腐は手でぼろぼろにほぐす。
         アーモンドは細かく砕く。
         万能ねぎはみじん切りに。


     これをよく混ぜてからバットに敷いてオーブンで熱し、たまに混ぜかえす。

     たぶん水分が均等に飛ぶようにするため。

     こちらの豆腐はかなり固い(水分が少ない)ので、

     日本で作るときは、ほぐしてから一旦水切りをした方が調理が早いかもしれません。

     電子レンジでも水分は飛ばせますが、今日は健康レシピなのでざるの使用をお奨め。


     かなり素朴な見かけなので、欲ばってテーブルスプーンに山盛り三杯ほど頂いたら、

     さすがたんぱく質ですね。腹持ちよくて夕ごはんいりませんでした。

     食べた感じから、アーモンドは豆腐と同量弱か、2/3くらい、
 
     かなりたくさん入ってます。

     この日は全粒粉のパンが出ましたが、普段は玄米がよく出るそうです。

     わたしも仕事中(実はインチキ通訳として潜入。ツアーの皆さん、ごめんなさい)は

     ごはん派(白米・玄米半々。パンだと力が出ない)なので

     この日パンはいただきませんでしたが、

     ほかに野菜・きのこ類だけで十分な味と量でした。






よろしかったら、どれでもぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ


          
[PR]
# by aquinoaqui | 2010-10-29 18:03 | 自然医療