ここそこ

aquinoaqui.exblog.jp
ブログトップ

しあわせって  

専門じゃないんですが、たまにIVF(体外受精)準備治療をします。(鍼灸)

前に務めていたクリニックが不妊専門で、辞めたあとも口コミでぽつぽつ来ます。

治療する側としては、

「その”子供ほしい!”と思うことで消費しているエネルギーを、子宮にまわしてほしい」

したがって、治療は多かれ少なかれストレス処方になります。

これ自体が病理のこともあるし、これが病因のこともある。



私は、全ての事象にシステムがあると考える中医学がすきです。

すべての現象に 物理学的理由がある。



子供がいないと真の大人になれないんじゃないか、と考えた時期がありますが、

子供のいない叔父、叔母がいたり、養子縁組があったりと、むかしから不妊はあり、

いつも栄養状態など環境理由や、遺伝的強弱(器質性のものなどを含んで)の理由から

全員が全員子供を持つことはなかった。



物理的に、生き延びるだけの生命を与えられる体制が整っていないのが不妊です。

(これを病気と呼ぶのは、どうかと思う)

さらに健やかに生き延びるためには、受胎の段階で豊かな酸素と栄養分で十分に育てた

強い細胞を、こどもに与えることが必要です。


その準備が整っていない状態で受胎しないのは、生命的借金を背負ってこどもが生まれて

こないための自然摂理かなあと、治療をしているとそんなふうに思います。

とくに、豊かで生きにくい時代に生まれてくるこどものために。



種の存続は生物の至上使命で、

生物としての必須情報として遺伝子に組み込まれています。

そのためどこの文化でも長いあいだ「こどもを生めない女は使い物にならない」

とされてきた。



でも、人間に限りそういう時代は終わりました。

いまはひとりひとりが人として生きる時代です。

子供を生むことで人間が評価される時代ではなくなり、

ひとりひとりに個性的な役割があります。




そういうわけで、IVFを含めた不妊治療の基本は、こうしたストレスで緊張した頭をほぐす、に

ほとんど一点集中。

あきらめたら妊娠した、というのはホンとよく聞く話ですが、こういうわけです。

こどもができない、という強迫観念からのがれることが

しあわせへの第一歩。



よろしかったら、どれでもぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ


[PR]
# by aquinoaqui | 2010-02-07 22:43 | 自然医療

マヨネーズ

a0145396_11572868.jpg



おいしいマヨネーズです。

”Soya Mayonnaise"と書いてスーパーの健康食品棚に置いてあるので

てっきり大豆でできているのかと思っていたら、

(健康食品コーナーにはベジタリアン・ビーガン向け食品が多い)

大豆油を使っているのでこの名前。卵は入ってます。


取り扱ってる店といない店があるので

見つけたときにまとめ買いします。一瓶950ml入り。

日本ではマヨネーズ食べられなかったんですが、

カナダで初めて食べられるようになりました。

卵と油の比率のちがいかも。


ここ10年間で家庭にも日本食が進出。

最近ではキューピーマヨネーズも普通のスーパーで買えます。

(そういえば伊藤園の野菜ジュースを初めてスーパーで見てびっくり。

日本のラベルのままだったけどみんな中身が何かわかるのかな?)


ちなみにマヨネーズは綴りが少しへんなので子供の綴り選手権にも出題されたりします。




よろしかったら、どれでもぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ


[PR]
# by aquinoaqui | 2010-02-07 11:59 | ごはん

津波

友人のご母堂は、トイレに入っているときスマトラの津波を感じて気持ち悪くなったそうだ。

中医学では「湿」という概念があって、通常病理とされる。
ご母堂の場合体内の湿が振動でゆれて気持ち悪いと感じたらしい。

関節に詰った湿が関節痛で(全部じゃないけど)
肩や膝で雨が降るのがわかるのもこれ。


いい音や大きな音を聞いたり、感動したりすると体内で水が揺れる感じがするけど。
[PR]
# by aquinoaqui | 2009-11-26 23:48 | 自然医療

The Hurt locker または ADHD

a0145396_15125395.jpg


観てきました。

受賞翌日、しかも映画デーの火曜日と重なって

珍しく映画館も込んでました。

単に話題作りのために初の女性監督を選んだのかもしれませんが、

こういうベルリン映画祭系の映画にアカデミーが賞を与えることによる

宣伝効果は絶大なので、すなおに喜ばしい。


ざらっとした風景の、

根気ある仕事振りが画像の厚みに現れた

ドキュメンタリー風のフィルムです。

(そういう意味ではアバターにも作品賞あげたかった)

冒頭15分見逃してしまったんですが、

"The rush of battle is a potent and

often lethal addiction, for war is a drug."

という、原作本(War Is a Force That Gives Us Meaning)

からの引用で始まるそうです。

(いい訳知ってる方はぜひ!教えてください)

これを知らずに観ても、鑑賞後感はまさにこのとおり。


戦争も、クスリや酒、カフェインや他の嗜好品と一緒で、

政治的内容があるわけじゃなく、

ただ単に需要に応じて供給するとこうなる。


よくADHD人口に白人、金髪男子に多いといわれますが

これを観て初めて、

寒い地での狩猟生活で生き残るために

自己改良していった結果が白人種だったんだなあ、と納得。

現代では、暖かい、狩に出なくていい温室で

こういった子供たちが行き場をなくして力を持て余している。


亜熱帯農耕民族系の食餌(例えば伝統的な日本食など)が

現代病にいいといわれるのも、こういう理由からです。

燃料性の高いコーク、バーガー、ポテトと反対に、

豊富な植物性たんぱく質とミネラルで

余分な熱を取って、ストレス、炎症系症状を抑える。



悲しい後感と共に、不必要な戦争を

「こういう切り口もあるのかー」という

今までなかった角度から描いたこの映画で、

なぜいまだにアメリカが戦争をやめられないのか、

腑におちました。






よろしかったら、どれでもぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ

人気ブログランキングへ
[PR]
# by aquinoaqui | 2009-02-23 11:10