ここそこ

aquinoaqui.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

                     未来の食卓

           メルボルンでは自主上映で11月21日Claytonにて上映されます。
                 
           フランスのある村で小学校給食と高齢者給食にオーガニックを導入するまで

           のドキュメンタリー。
             映画『未来の食卓』

             公式サイトはこちらから

          Jamie Oliverの食育TV番組とか

          (イギリス人がやってるのがなんともいえない)

          SBSの 「Black coffee」という、コーヒーの歴史や生産現場、フェアトレード

          などを扱った、色鮮やかな図鑑系ドキュメンタリー(図書館で借りられます)

          キューバがオイルショックから有機的な道をとって快復した経緯を追った

             Power of Community (YouTubeリンク)

          また、「To be and To have」という、フランスの片田舎にある

          全校生徒12人くらいの小さな小学校のドキュメンタリーなど、好きな映画が
 
          一緒になったみたいな映画なので、一緒に観に行かない?

          のお誘いに即答「行きます!」。


        お誘いいただいたのは日曜日13時から(13時半だったかな)の

        日本語字幕版の回でしたが、うちの相棒にも聞いてみたら「観たい」というので、

        結局16時からの英語字幕版のチケットを予約。



         公式ホームページの「最新情報」には、下から1/5ほど行ったところに

         「 『未来の食卓』パート2は日本で撮影」という記事があって、

         アイガモ農法が紹介されています。

         これも好きな本島村奈津「スローフードな日本!」(Amazonリンク)

         に載っているおはなしで、

         ほかのスローフード関係のはなしも映画の内容と繋がる部分が多く
               
         おもしろいので、おすすめです。
                  
         さらにおんなじ記事の中に、なんとSevern Suzukiの名前が!!

                  
         Severn Suzukiはカナダの環境活動家David Suzukiの娘で、

         世にいう「伝説の92年リオ演説」の少女です。
 
         この映像は何度観ても感動してしまいます。
  
         日本語字幕つき(誰かがつけてくれたんだ!スバラシイ)映像リンク 
               
         カナダアクセントが好きな方には、発音の教材にもいいかも。
                  
                   
         こういうむつかしい問題について考え始めると途方に暮れますが、

         途方に暮れていないで行動に移し根気の要る仕事をする人がいるのを見たび、

         心から尊敬します。






よろしかったら、どれでもぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ


   
[PR]
by aquinoaqui | 2010-11-15 10:32 | 映画的健康鑑賞

                   脳性麻痺

最近友達が遊びに来てね、いっしょに来た子供が脳性まひなの。

真っ直ぐ座れないから、姿勢を補助する服を着ていてね、

それで少し姿勢を保てるようなるんだけど、咀嚼もうまくできなくて、

目なんかも犬がいるとそっち見るんだけど、ほかはなんとなく、

こっちの言ってることもあまりわかってないみたいだったわよ。


ここまで聞いてあれ?と思い、帰ってから調べてみました。


「脳性麻痺は運動神経野の障害で、生まれつき、または髄膜炎や事故で

筋肉を動かす神経の損傷が原因で筋肉が動かせなくなっている状態、

従って治療は、動かしたことのない硬くなった筋肉を刺激して、運動神経を刺激する」


上記は中医学小児科の授業資料から。

これを習った時、自分の中に身体障害と知的障害という分別もなかったことに

はじめて気がつき、「脳」が付くので脳性麻痺もなんとなく知的障害と

思っていた自分の知識にかなり落胆(というか、愕然と)したのを
         
憶えています。



筋肉は、運動神経が正常でも長期間動かさないと硬直してしまいます。

いちど硬直してしまうと、再起動するのにかなりのエネルギーを要するので

さらに動かしにくくなります。

神経が正常に働かない脳性麻痺のような場合は筋肉も動かせないし、

筋肉が動かないことで神経細胞も刺激されない、

したがって知覚神経細胞も発達しないという悪循環が生まれます。
              
              
そこで鍼灸で外から刺激を与える治療が有効になります。

マッサージでも、もちろんよし。

今まで使われないことで滞っていた気流と血流を内側から漢方で促す

治療も並行して行うと相乗効果が得られます。


今思えばラッキーで、それまで教えていた小児科の講師が学期開始直前に

教鞭が取れなくなり、急遽講師として呼ばれたのが70、80年代

メルボルンで脳性麻痺治療で活躍した

Peter Giganteという中医学医師だったのです。

              
もとから鍼灸師、漢方師といった講師陣の中でもめずらしく指圧出身だったせいか

「治療(指圧)しながら診断(触診)し、診断しながら治療する」ことの大切さを説いた

唯一の講師です。

以前別の漢方の講師も、知人の鍼灸師が自分の子供を毎日治療し、成人時には

小児麻痺であることが分からないほどになった成功例を話してくれましたが、

ここまで分かりやすく病理と治療の関係を説明してくれた講師はいなかった。
              
              
昔、アロマセラピーコースを取りながら興味本位で鍼灸のクラスも取ったことがあって

知識はその後のマッサージの仕事に大変役に立ったんですが、

中医学科に入り直した時、それまでに培ってしまった触診感覚の為に

(診断法として触診を採用してしまったため)

中医学診断に肝心の脈診と舌診がどうしてもうまくのみこめず、

これでは将来鍼灸師になるにしろ漢方師になるにしろ、未来は灰色だなあと

ほとんど諦めていました。

もしこの指圧出身の講師の授業をとる機会に恵まれていなかったら、

今頃無職....
 
              
              

              
脳性麻痺は運動神経の障害で、

こちらの言うことに反応しないのもこちらを見ないのも、

表に反応するための筋肉が動かせないためです。

(瞼も眼球も筋肉運動で動く。嚥下も呼吸も筋肉運動)

よく指先を使う仕事はボケを防ぐといいますが、ということはボケ(神経活動の低下)
 
も指先を動かすことによって脳に刺激を送り続け、神経活動の低下を

防ぐことができる、

ということです。

              
健康な脳も刺激なしには発達しません。

たとえば人間の言葉を聴かないまま育った少年は言葉が話せない、
             
とか日本人にとって慣れない英語の発音はむつかしい、とか。             

とくに知能が著しく発達する幼少時期の1年、2年の差は大きく、

健康に筋肉を動かせるほかの子と比べて機会を逸している分

知的にも発達の差が出てしまうのは仕方がありません。

(ということは、知能とは知的情報の蓄積ではなく、

それをいかに出力できるかの機能)
            
  
現実問題としてどこからどうはじめたらいいのか、

もし自分の子供がそうだったら、実際にはとてもむつかしいですが、

少なくとも病理を正しく理解することで適切な治療の選択を得ることができます。






よろしかったら、どれでもぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ


              
[PR]
by aquinoaqui | 2010-11-06 17:18 | 自然医療

Charcoal Lane, 裸足のアーティストに魅せられて 2

カナダの先住民やハワイ、NZの伝統文化

(その昔アジア大陸から渡る途中で枝分かれた人たちらしい)

と違って、オーストラリアの自然やそこで育まれたアボリジニ文化には

長い間ピンときませんでした。

           
最近読みはじめて、12年目にしてなんとなーくオーストラリア地元感が湧いてきたブログ。

           裸足のアーティストに魅せられて -クリックしてみてください。
a0145396_14182490.jpg

アボリジニーアートギャラリーLand of Dreamsの内田真弓さんという方が  

メルボルンの無料日本語新聞「伝言ネット」に毎月連載していた記事。
 
(上の写真はブログから失敬)

2001年から始まり、わたしが新聞で読み始めたのは2006年ごろから。

読むと元気になるのが楽しみで、たまに切り抜きもしました。

最近ネットで読めるのを発見。以前の記事を読み始めたところです。

           
大人になってから異文化の中で暮らし始めるにはいろいろありますが

そういう話がぜんぶ笑い話で書いてある大人の包容力がすごい。

    
アボリジニの文化は脱亜入欧のハイブリット西洋文化とも

本場西洋文化とも全く違い、したがって日常の常識が全く違う。

それもそのはずで、多くの民族が採用してきた農耕(=蓄積)文化を

土地を壊さないために採用せず、餌をとりつくす前に次の場所に移動しながら

生活してきた人たちで、私たちが普通行く海外のどの国の伝統ともかなり違う。

所有感覚がなく、政府からの1週間分の年金も近所の人にあげちゃって

自分は週末食べるものもない、とか、その逆とか。

皆のものは俺のもの、俺のものは皆のもの。

そういう社会観の民族です。
           

日本人に「働かない」といわれるオーストラリア白人が「働かない」というアボリジニ。

そこには自分の物差しで他人に求める期待と現実の落差があります。

           
わたしは自分の物差しが硬い方なので、そういう異文化の中に入って行ける人に
  
無条件ですごい羨望感を覚えてしまいます。

          
日本からは遠いアボリジニの話も笑って(たまに笑いすぎて涙が出る)読める優れもの。

前記のCharcoal Laneなど、なぜアボリジニに援助が必要なのか、

そこら辺の理由に興味のある方はアボリジニあれこれ(裸足のアーティストに魅せられて)

がおすすめ。

内田真弓さんの本「砂漠で見つけた夢」はここから。

硬い物差しついでの参考記事(ここそこから)






よろしかったら、どれでもぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ


[PR]
by aquinoaqui | 2010-11-06 14:39 | オーストラリア

Charcoal Lane、裸足のアーティストに魅せられて 1

めずらしくオーストラリア料理のレストランに行きました。
          
外食する時は中華とか、タイとかベトナムそばとか、

うちでは上手にできない料理を食べに行きます。
          
オーストラリア料理は基本的にイギリス料理なので、その気になれば肉を焼いたり、  
           
野菜がくたくたになるまで煮込んだりするのは家でできる。

          
わざわざこの店を選んだ理由は簡単で、普通のレストランと違って
          
アボリジニや恵まれない環境で育った青年のため、

手に職をつける場所として運営されるお店だからです。
          
運転資金を提供しているのはビクトリア州政府をはじめとした

大・中・小の各企業。  
          
せっかくの機会なのにカメラを忘れ、写真がない!
         
でもきれいなお店なので、お手数ですがぜひここをぽちっとしてご覧ください。

          
H.P.上にあるRestarurantの「Menu」からPDFのメニューが見られます。
          
Menuの下にあるGallaryから料理の写真もみられて、
          
その下にはなんとRecipesまである!!のでその気になれば家でも挑戦できます。
 

品数は少ないですが、食材は全部オーストラリア産とのこと。

カンガルーはもちろん

(げげ、と思うでしょ。いちおう牧場があるとは聞いたことがありますが、

交通事故などで死んだものをリサイクル、と聞いたこともあります。

どっちもかわいそうなのは牛や鳥や豚とおんなじなんですが、          

とりあえず元気で動き回って生涯を終え、薬漬けにされていないので

食す方の体にはいいです。   

こっちで出回っている牛と違ってやわらかく、

オーストラリアで大量に消費されている子羊と比べても

脂がない分クセがない)

前菜にはワラビーもあった。

ハーブもマートル(銀梅花/ヒメツルニチソウ)やワトル(アカシア属)と原産のものが

使われていて、レモンマートルなのか、炒めたたまねぎと一緒にオイル漬かったオリーブが

不思議なかおりでおいしかった。



ワインも地元産。暖かくなってきたので(こっちは春なんです)白にしました。

Rieslingとアデレード産のSauvignon Blancが好きですが、

Pinot Gris(ピノ灰色?)というワインは知らなかったので飲んでみました。

飲めない私にもちょっとすっきりしすぎかなあという味ですが、

食事のどの段階で飲んでも口の中がさっぱりするところが優れている。           



雰囲気もちょっとこじゃれた感じ。

Charcoal Laneとは「炭小道」という意味。

(Diane Laneのレイン。高校生に頃は「雨」のことだと思ってた)

かつて炭団(たどん)と呼ばれる、炭の粉を固めて燃料にしたものを作る工場が

この辺りにあって、アボリジニの人たちが仕事を終えたあと集まったそうです。  

有名なアボリジニ歌手Archie Roachの唄からとったものだそう。






よろしかったら、どれでもぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ


[PR]
by aquinoaqui | 2010-11-06 13:03 | オーストラリア

克服ついでに -やせたがる体のつくり方-

             3年間言い続けて、変えられなかった患者の食生活を劇的に変えた本。

      
a0145396_10422997.jpg


             近所の図書館で見た時

             「がーん、こんな薄っぺらな本のどこに説得力が...」と

             膝の力が抜けていくのを感じましたが、

             中身を見てなんとなーく納得。

      
            とにかくスペースが多く読み進みやすい。同じことが繰り返し書いてある。

            8ページくらいまで行って、まだ同じ事の繰り返しが書いてあるのに、
                  
            量が少ない。 (160ページくらいしかないんじゃないか)



          もともと他の鍼灸師の患者で、同じクリニック内でマッサージをしていた
           
          私のところにも来るようになったんですが、

          (いろんな施術を並行して行う。一時的に患者の経済負担は増えるが、

          長い目で見るとこの方が早い)

          2人して毎回おんなじことを彼女に繰り返しアドバイスいたらしい。

          結局3年間言葉は彼女の脳には届くことはなかった...

            

         ある日肌循環の感じがよかったので「何でこんなに(調子)いいの?」と訊いたら

          「いやー、聞いてよ。実はとうとうダイエット(食事)かえたのよー。

          3年も前に買って本棚に置きっぱなしにしてた本なんだけど、

          これがすんごいのよー!」

          どんなすごい本で、どんなすごい著者か、どんな素晴らしい教義か

          その場で講義賜った。



          一瞬今までの苦労が崖のように崩れる音がしたけど、

          なんのことはない私たちの説明の仕方では彼女には通じなかったのだ。

            
          おんなじことを何度言われ続けてもピンと来ないのに、

          別の人から言われた途端急に頭に入ってくることがあります。

          不思議ですねえ。

            
          とくに私たち自然医療士は生活が自然医療中心に回っていて、

          ある程度までの知識が常識なってしまっていますが、

          その常識が他の人にとって必ずしも常識ではないわけで。

            
          たまにパソコン屋や車の整備屋に行くとたいていおんなじことを注意されたりして。

          「ああ、なんか患者も多分こんな感じなんだ」

          とサービスを受ける側の体験ができます。

             
          なので、とりあえず助られる人だけ助けましょう。

          でも、仕事なのでとりあえずどの人にも言い続けます。一年でも三年でも。

          ある日とつぜん、

          本棚で埃をかぶって色あせた本が目に入ってくる

          なんてこともあるかもしれないから。            






よろしかったら、どれでもぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ



      
[PR]
by aquinoaqui | 2010-11-01 12:02 | 自然医療