ここそこ

aquinoaqui.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:映画的健康鑑賞( 2 )

                     未来の食卓

           メルボルンでは自主上映で11月21日Claytonにて上映されます。
                 
           フランスのある村で小学校給食と高齢者給食にオーガニックを導入するまで

           のドキュメンタリー。
             映画『未来の食卓』

             公式サイトはこちらから

          Jamie Oliverの食育TV番組とか

          (イギリス人がやってるのがなんともいえない)

          SBSの 「Black coffee」という、コーヒーの歴史や生産現場、フェアトレード

          などを扱った、色鮮やかな図鑑系ドキュメンタリー(図書館で借りられます)

          キューバがオイルショックから有機的な道をとって快復した経緯を追った

             Power of Community (YouTubeリンク)

          また、「To be and To have」という、フランスの片田舎にある

          全校生徒12人くらいの小さな小学校のドキュメンタリーなど、好きな映画が
 
          一緒になったみたいな映画なので、一緒に観に行かない?

          のお誘いに即答「行きます!」。


        お誘いいただいたのは日曜日13時から(13時半だったかな)の

        日本語字幕版の回でしたが、うちの相棒にも聞いてみたら「観たい」というので、

        結局16時からの英語字幕版のチケットを予約。



         公式ホームページの「最新情報」には、下から1/5ほど行ったところに

         「 『未来の食卓』パート2は日本で撮影」という記事があって、

         アイガモ農法が紹介されています。

         これも好きな本島村奈津「スローフードな日本!」(Amazonリンク)

         に載っているおはなしで、

         ほかのスローフード関係のはなしも映画の内容と繋がる部分が多く
               
         おもしろいので、おすすめです。
                  
         さらにおんなじ記事の中に、なんとSevern Suzukiの名前が!!

                  
         Severn Suzukiはカナダの環境活動家David Suzukiの娘で、

         世にいう「伝説の92年リオ演説」の少女です。
 
         この映像は何度観ても感動してしまいます。
  
         日本語字幕つき(誰かがつけてくれたんだ!スバラシイ)映像リンク 
               
         カナダアクセントが好きな方には、発音の教材にもいいかも。
                  
                   
         こういうむつかしい問題について考え始めると途方に暮れますが、

         途方に暮れていないで行動に移し根気の要る仕事をする人がいるのを見たび、

         心から尊敬します。






よろしかったら、どれでもぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ


   
[PR]
by aquinoaqui | 2010-11-15 10:32 | 映画的健康鑑賞

カフェイン

きのう「Daybreakers」という吸血鬼映画を観てきました。

吸血鬼はそのなかで、人間の血液入りコーヒーを飲んでいます。

え?

鉄分吸収するのにタンニンは禁物じゃん!

(ヘム鉄(動物性鉄)だから大丈夫なのかしらん?)

たしか前にもこういうへんな組み合わせを見たような....

と、思い出したのがこれ。



a0145396_1143940.jpg


                       「枸杞入り緑茶」

抗酸化作用のある緑茶と、漢方でいう養血作用のある枸杞子。

組み合わせたくなるきもちはわかります。



a0145396_11221395.jpg

漢方では枸杞子は肝臓関係の治療につかわれます。

肝臓は血を貯蔵するところでもあり、

肝臓、貧血系(病院でいう肝臓障害や貧血とはすこしちがいます)の症状-

疲れ、冷え、月経障害などに効きます。


そして、こうした症状のあるときは、緑茶を含む冷作用のある食物を避け、

カフェインは控えてもらいます。

カフェインが交感神経を活発にするので、それに伴う

副交感神経活動の低下→消化・吸収力がさがるのと、

カフェイン自体がアルカロイド系物質で

肝臓の処理負担が増すからです。

なのにこの組み合わせ。

なぜ?

開発段階の化学的な考証では問題はなかったのかもしれませんが、

素人にはわからーん!


そういえばこんなのもありました。

去年某ネ〇カフェが発売した、生豆からつくったという

緑色したインスタントコーヒー。

「緑茶より70%多い抗酸化物質入り」


って、生豆のほうがカフェイン含有量が多いんだよ!!

そして、カフェインは高酸化物質、

加工食品=インスタント食品は高酸化食品なんだよ!!!





怒りは健康にもよくないんですが、

(徳川幕府が長く続いた秘訣は怒らなかったから)

それでもやっぱり、怒りは原動力かなあ、と。

かつてカナダの環境活動家、D.Suzukiの

リウマチで痛々しく腫れてまがった指をみたときに

しみじみ考えさせられました。

怒りは熱を生じ、外症として関節にでやすい性質があります。

アトピーなんかよくひじと膝の裏側にみられます。

(彼の場合、若い頃研究者として細かい作業をたくさんしたせいかもしれないけれど)





ちなみに、

冒頭のDaybreakersは、「撮ってるうちに近未来化学映画かホラーか

わかんなくなっちゃったの?」というかんじの映画です。

E.ホーク、W.デフォー、S.ニールの出演者から察するに、

きっと最初の脚本と出来上がった作品にかなりの隔たりがあったんだろう、

というのが感想です。


一緒に行った友人曰く

「デフォーは舞台が多いっていうから(ホークもそうらしい)

たまにこういうジャンクフードみたいな仕事がしたくなるのかなー」

....



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ


[PR]
by aquinoaqui | 2010-02-24 12:24 | 映画的健康鑑賞