ここそこ

aquinoaqui.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 3 )

オーストラリアでは、Speedの訳は「速さ」ではない。

きのうの夜、TVで映画「スピード」(1994年)が放送されていました。

なつかしい。

昔、日本語字幕で観ていた頃、キアヌ・リーブスは演技が上手だった。


となりで観ていた家人が

「シャブ!シャブ!」といいだしました。

「シャブ?」

「シャブ!」

「シャブ??」

「スピード!!」 

「ああ、シャブ」

ご存知かとは思いますが、スピードとは日本語でいうシャブ、クリスタルメソの通称です。

アイス(ice)ともよばれます。
a0145396_14145573.jpg

ブレイキング・バッドでウォルターが料理していた(シャブを作ることを料理するといいます)

クスリです。

世界に誇る、日本の発明品。




よろしかったら、どれでもぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by aquinoaqui | 2012-09-25 09:37

自宅出産できます。



前回、11月に「産院の終末」で、自宅出産が違法になるとを書いた直後、

”自宅出産補助金 -病院で試験的に” という新聞見出しを見つけました。


他の場所にも書いてしまったので、「あちゃー」と思いましたが、

今回の試験企画内容は、指定された2つの病院の損害保険を使って

助産婦に活動をさせるというもの。選ばれた助産婦はこの試験プログラムに

1年間雇用される形になります。

日本円にして約360万円の予算が付くらしい。

ここから先は、オーストラリア医療(それも産科)に

興味のある方以外には何の役にも立たないんですが...

(すいません)



実は去年、個人助産婦が医療損害保険に加入できなくなるという、

新しい医療従事法が通りました。(と聞きました)

医療損害保険なしの医療行為は違法なので、

事実上、個人助産婦の活動は停止させられました。



自宅出産は、病院に属さない、いわゆる開業助産婦が

自宅出産を行っていて、保険も自己加入制でした。



健康保険が使える病院の場合と違い、

助産婦の保険負担が大きいため、妊婦の自宅出産料は一回約17万~54万円。

ビクトリア州には、自宅出産してくれる医師も1人いますが、(今は増えたかも)

以前、この人のお給料は、ほとんど保険料で飛んでしまうという話を聞いたことがあります。


それも終に健康保険が適応されるようになった。それが去年の2月。



新聞はこのニュースを明るい未来として扱っています。

が、今回のプログラムも、果たしてどーかなー?と。



というのは、自宅出産では病院のような医療設備がないので、

全工程を1人(もしくは2人)でこなせる助産婦さんしかできないんです。

こういうことのできる腕のいい助産婦さんは、

病院を辞めてどんどん独立する。

その人材漏れをなくすため、新医療法で個人助産婦を保険に

加入させないことで独立の道を絶つ。

というのが去年の新医療法成立の大筋だったようです。



病院としては、患者も技術を持つ助産婦も、自宅出産に取られる。

そこで個人助産婦の活動を停止するための法案だった?というわけです。


それゆえですね、もし今回の採用が院内の助産婦に有利な場合、

ちょっと懸念が残ります。



というのも、現在の病院・産院の助産婦の多くはパートタイム。

ベット27、分娩個室4部屋の産院の雇用助産婦数が90人というところも!

(これが平均なのか、多いのか少ないのかは分からない)

ということは、週一日勤務の人も多いわけです。



そして、総合勤務時間が少ないことから、

昔のように経験が熟練の域に達しないため、

技術力の低下が深刻だそうです。

その中からの人選となると...



もし、個人助産婦のためのプログラムなら、こんな朗報ありません。

技術ある助産婦さんの採用を願って。





詳しくはアロマトピアNo.98(2010)P.83




よろしかったら、どれでもぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ


[PR]
by aquinoaqui | 2010-02-09 23:36

The Hurt locker または ADHD

a0145396_15125395.jpg


観てきました。

受賞翌日、しかも映画デーの火曜日と重なって

珍しく映画館も込んでました。

単に話題作りのために初の女性監督を選んだのかもしれませんが、

こういうベルリン映画祭系の映画にアカデミーが賞を与えることによる

宣伝効果は絶大なので、すなおに喜ばしい。


ざらっとした風景の、

根気ある仕事振りが画像の厚みに現れた

ドキュメンタリー風のフィルムです。

(そういう意味ではアバターにも作品賞あげたかった)

冒頭15分見逃してしまったんですが、

"The rush of battle is a potent and

often lethal addiction, for war is a drug."

という、原作本(War Is a Force That Gives Us Meaning)

からの引用で始まるそうです。

(いい訳知ってる方はぜひ!教えてください)

これを知らずに観ても、鑑賞後感はまさにこのとおり。


戦争も、クスリや酒、カフェインや他の嗜好品と一緒で、

政治的内容があるわけじゃなく、

ただ単に需要に応じて供給するとこうなる。


よくADHD人口に白人、金髪男子に多いといわれますが

これを観て初めて、

寒い地での狩猟生活で生き残るために

自己改良していった結果が白人種だったんだなあ、と納得。

現代では、暖かい、狩に出なくていい温室で

こういった子供たちが行き場をなくして力を持て余している。


亜熱帯農耕民族系の食餌(例えば伝統的な日本食など)が

現代病にいいといわれるのも、こういう理由からです。

燃料性の高いコーク、バーガー、ポテトと反対に、

豊富な植物性たんぱく質とミネラルで

余分な熱を取って、ストレス、炎症系症状を抑える。



悲しい後感と共に、不必要な戦争を

「こういう切り口もあるのかー」という

今までなかった角度から描いたこの映画で、

なぜいまだにアメリカが戦争をやめられないのか、

腑におちました。






よろしかったら、どれでもぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ

人気ブログランキングへ
[PR]
by aquinoaqui | 2009-02-23 11:10