ここそこ

aquinoaqui.exblog.jp
ブログトップ

産科の終末

産科の終末

a0145396_15575599.jpg



オーストラリアで今年、ついに解禁になった自宅出産保険適応。

と、喜んでいたのもつかの間、半年後には自宅出産を来年から

非合法にする決議が発表された。

なんじゃそりゃ。



帝王切開率の高いオーストラリア(アメリカもそうらしい)は、緊急以外の

無用な切開を避けるために自宅出産が増えている。

こうした自宅出産を支えているのが病院から独立して活動する個人助産婦。


なかにはスーパー助産婦がいて、

病院出産の際に立会い人として連れて行っても

(勿論病院所属スタッフが助産するわけだから、

この助産婦は単なる立会人として医療権限はない)

産科医を部屋から追い出せるくらい強いおばちゃんもいるらしい。

それで切開免れたという伝説を聞いたことがある。


疾患ではないただの自然現象の出産現場で、疾患対応用に訓練された産科医と

日々戦っている助産婦さんたち!


だから病気じゃないんだってば。




よろしかったら、どれでもぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ


[PR]
by aquinoaqui | 2010-02-09 15:59 | 自然医療