ここそこ

aquinoaqui.exblog.jp
ブログトップ

内分泌系、お得意ですか?



一番苦手だった科目です。

最近になって、よく解らなかった理由だけは判明 ー

病因が分かっていないものが多い。






以前、将来子供を持ちたいという理由から、無月経症の同業者が30歳で自然治療を開始。

生理の止まった10年前、3人の専門医から受けた診断は「松果体異常によるエストロゲン不足」。

(珍しい診断かと思いきや、その後2人目の患者さんに遭遇)




無月経が始まる直前、アフリカを旅行して、それ以来消化器系の調子がずっと良くない。

中医学の一般常識から、腎臓滋養の鍼治療と錠剤の漢方処方を受けていたものの、

特に改善の兆しはなく。

たまたまマッサージを頼まれた時にみたその脚が、

脾(消化器系)温機能の不全で、水分代謝に支障をきたしている典型の、

血管が透けてみえるぶよぶよのふくらはぎ。

切迫流産によくあるタイプ。




このタイプを治療する漢方はアルコール抽出で処方されていて、

当時の勤め先にはなかったので、

この処方を多嚢胞性卵巣症候群用に自家配合・抽出する

メルボルンでは有名な婦人科専門漢方医に行くように勧める。

(ちなみに、内服剤の勝負は胃腸で、入り口でうまく分解・吸収されないと、

診断と処方が合っていても意味がない、

ということで、生薬、丸薬、顆粒、アルコール抽出と、

各処方最適の形がある)


辛抱強く2ヶ月待ちの予約を取り、そこからさらに、

その漢方医の紹介する婦人科医にかかったところ、

診断は「
多嚢胞性卵巣症候群」。




そこからの彼女の努力はえらかった。

エストロゲンのために飲んでいた、冷却作用のある豆乳から

ニュートラルな米乳(まずいです)に切り替え

苦い漢方を1年半ほど地道に続け(治療に来ていたお姉さん談)

とうとう月経を取り戻し、

体外受精で見事妊娠。無事出産。





そして、何年ぶりかで3日前に連絡したところ、

「奇跡!!ホルモン治療なし、体外受精なしで現在産休中」の返信。

!!!




感慨深ーく、しばしぼんやり。

松果体異常によるエストロゲン不足、という診断がもたらした、空白の無治療10年間。

多嚢胞性卵巣症候群の典型に当てはまらない、スポーツ好きのやせ形体型が

3人の専門家を、この診断に導くに至ったか。





そもそもこの話は、奇跡オチの付く数日前に、

友人であるナチュロパスの、そのまた友人の患者さんが

内分泌系の疾患診断を受けた、という話をきいて久々に思い出した。

友人の住むタスマニア ー メルボルンスカイプ会談(?)中、

ふたりで内分泌科の資料をひっくり返し、

世間話をしながら更にひっくり返し、

至った結論が

「内分泌系疾患は、いまだに原因不明なものが多いんだネ....」




この疾患は副腎がらみで、治療選択は、

1)片方だけに組織異常が見つかれば摘出。

2)両方に異常があれば薬物治療。
(多分両摘はできないから)


原因は、

1)副腎の異常から

2)ホルモンの過剰分泌に因る副腎の異常


そして治療法が、

2)で摘出せず、薬物治療でもよしとするなら、

1)で摘出する理由もない。

原因も

1)が 2)に帰するのに、

2)の原因は不明→「異常部を摘出」。

 =「治療」につながる理論的証明がない。




例の無月経症も、エストロゲンの血中値不足から出した判断だろうけども、

あれだけ長いホルモン連鎖の過程のステップの中で、

どうやって3人が3人とも、松果体の異常と断定したのか。

(10年前に
嚢ができてなかった可能性はあるけど、それでも松果体異常は、

いくつかあるうちのひとつの可能性だとおもう)




シュレティンガーの猫〜。




にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

よろしければ、ひとぽち。

[PR]
by aquinoaqui | 2013-11-20 19:15 | 自然医療