ここそこ

aquinoaqui.exblog.jp
ブログトップ

マイケル/噂をすれば影

マイケル)

マイケルは一般的な名前で、
ヨーロッパに行くとミカエルとか、ミヒャエルとか呼ばれます。
綴りは「Michael」で、
でも今日までしらずに「Micheal」と綴っていた。
...だって「マイケル」じゃん。
だったらなんで「マイカエル」とか「マイキール」と呼ばないの。



噂をすれば影)

「Speak of which」 "そういえば"
これも昨日まで
「Speak of witch」だと思っていた。
「Speak of the devil」(噂をすれば影)
の親戚だと思っていたらしい。


「でも、Speak of the devil には "the" がついてるじゃない。」
とのご指摘を受けましたが、
わたしには the の概念はないのでございます。


名前も日本語で育った者にはよくわからない。
ビル、ビリーはウィリアム (Bill/Billy/Willam)
ケイトはキャサリン (Cathrine/Kathrine/Kathryn)
ディックはリチャード (Dick/Richard)

ジョーはジョナサン、ジョアンナ、ジョセフィーヌ (Jonathan, Johanna, Josephine)
リブはオリビア (Liv/Olivia)
リズはエリザベス (Liz/Elizabeth)

マットはマシュー(Matt/Matthew)
リッキーはエリカ(Rikki/Erica)
ボブ、ボビー、ロブはロバート (Robert)


これ以外にも理解できない愛称がたくさんある。


ちなみに Speak of the devil は、
「Speak of the devil, he doth(does) appear」
の略だそうです。




よろしかったら、どれでもぽちっとおねがいします。
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ


[PR]
by aquinoaqui | 2012-06-17 18:10 | 語学